鍼師灸師あん摩マッサージ指圧師

ボッチャのルール

  • HOME »
  • ボッチャのルール

ボッチャのルール

ボッチャコート
ボッチャコートサイズ

コイントスで先行後攻を決めます。先行は赤。後攻は青。

3対3の団体戦です。左から赤青赤青赤青と並びます。1チーム6個投げるので、1人2個ずつ持ちます。

先行の赤の左端が最初にジャックボールという目印になるボールを投げる。ジャックボール無効エリアで静止させたり、サイドラインやエンドラインを超えて投球してしまうとルール違反となり、相手にジャックボールを投げる権利が移る。枠から出た場合真ん中のクロス(+)の上に置きます。


続けて左端が赤いボールを投げます。

次に後攻の青を投げます。

青のほうが遠いのでもう一度青が投げます。

投げる順番は決まっていないので、チーム内で誰から投げるか相談できます。

赤が遠いので投げます。青にぶつけてもOK。

青にぶつけて赤が近くなりました。

どんどん投げます。微妙にどちらが近いかわからない場合はコンパスで測ります。

よくみると、赤のほうが近いので、次は青です。

青がすべてなくなりました。まだ赤が近いです。これで終わりではありません。赤を全部投げ切ります。

ちなみに白ボール(JACK)がコート外に出た場合は中心のクロス(+)に置く。

判定は赤の二点。赤の勝ち。

団体戦はこれを6ラウンド繰り返し、点数の高いほうが勝ちになります。個人戦とペア戦は4ラウンドします。
(1ラウンド5~8分。ボッチャ試合時間は一試合だいたい1時間ぐらいです)

目標に近づける「アプローチ」、他の球に当てて飛ばす「ヒット」、他のボールを押して近づける「プッシュ」の3種類で、戦略をたたて投球する。

【ボッチャで使う道具】

「ボール(13個)」

ボッチャで使用するボールは、公式ルールで大きさと重さの規定がある。
(周長が270mm±8mm以内、重さは275g±12g以内)
ボッチャのボールは審判の事前チェックを受けたマイボールを使用する。

「ランプ」

ランプ

ランプとは、ルールによりボールを投げることができない、BC3クラスの選手が使用することが許された勾配具のこと。ランプにボッチャボールを転がし投球を行う。公式ルールでも、ランプの長さを継ぎ足すこと、素材を変えることが出来る。
ランプの勾配の角度を変えて、ボッチャボールのスピードを調整して距離を変えたり、相手のボールを弾いたりする。ただし、ボールを射出するような機械を取り付けたり、角度を測る水準器を付けるのは公式ルールで禁止されている。

「リリーサー」

リリーサーとは、頭や口に装着する器具。自分の手でボールを押し出すことができないBC3クラスの選手はリリーサーを装着して投球します。

【クラス分け】

ボッチャクラス

【公式種目別】
個人BC1 個人BC2 個人BC3 個人BC4
団体BC1 団体BC2
ペアBC3 ペアBC4

ボッチャスタンプ
ボッチャスタンプ
AMB
AMB(鍼灸マッサージボッチャチーム)

松村鍼灸マッサージ治療院は往診専門の要予約制です TEL 03-5933-9409 受付時間 ℡5:00~8:00 ✉0:00~24:00

PAGETOP
Copyright © naturalninecompany All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.